FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Salyu zeppTOKTO ライブの「余韻」 第72回

salyu zepp

いってきました。

ZEPP TOKYO。
さりゅライブ。

素晴らしかったことは、いうまでもなく。
Twitter始めたとの、ことで、20分くらいで、
1000フォロー超えてました!

さりゅ、大人の歌をどんどん歌うべし。
ジョニー・ミッチェルのカバーを聴いて
確信しました。

声の響きだけで、人を魅了する歌手は、
日本には、そうそういません。

饗と不協、清と濁、光と影、
美しい声の響きのなかに、幾層もの
不協和音を含むその声は、

これから、大人に脱皮するsalyuに
その響きの活かし方みたいなものを

すでに教えてくれているようです。

name halfway valon-1 to U…

青春の響きを残したまま、
さりゅは、
どんな歌い手に成長してゆくのだろう…

あれから10年。
そして、これからの10年。

声という楽器はとても繊細だから、
先輩の女性歌手は、大変苦労してきた。

精神状態が声にでる。
彼女自身が、そのことを語っていました。

ファルセットと地声の差がない彼女だから、
その中低音の張りと響きこそが、
実は命綱。

今日のライブは、
そのことも確認できました。

そして、
声の溜(ため)と波(うねり)が、
響きに
自然に加われば、
その歌声は、比類なき至高の域に。

声そのものが精巧な楽器である。

おそらくsalyuがいなければ、
そのことに、気づかないまま
一生を暮したことだろう。

歌い手と聴き手…
出会いとは、不思議なものですネ。
スポンサーサイト

Comment


        

08 | 2018/09 | 10

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

manchi

Author:manchi
メディア、情報文化、マンガ、アニメーションなどの批評・研究などやっております小山昌宏です。著書『情報セキュリティの思想』(勁草書房)『宮崎駿マンガ論』『戦後「日本マンガ」論争史』(現代書館)など。

http://http://researchmap.jp/46462176/

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。