スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

朝まで生「テレビ」の終焉を欲す 第26回

朝まで生テレビは、
番組開始当時から見続けています。

いまほども見ていましたが、

田原総一郎の「老害」は、もはや極まっている感じがします。
新自由主義全盛のころから、つい最近まで、社民からかい、共産いじめは、
ひどいものでしたが、

近頃では、自民いじめから、民主つきはなしに乗り換え、
電波芸者の異名に拍車がかかっていますネ。

でも、バブル期やバブル崩壊期の、「政治ショー」のころならまだしも、
自民をけなして、民主の上げ足をとるだけの「バランス」感覚は、

底にある日本政治経済状況では、百害あって一利なしのように思えます。
論者が核心に迫ろうとすると、まぜっかえし、論点をあいまいにしたり、
一方的な決め付けで、問題点をすりかえたり、

でも、もう視聴者は気づいていると思います。

4月からみのもんた、徳光さん、福留さん、タモリ、たけし、さんま…。
定番の顔が、TVの一線から消えてゆくのは、
ギャラが「高額」だけの理由ではないことを…。

朝まで生テレビと、NHKの「市民討論会」の「デキ」の差は、
テレビというメディアを仕切ってきた司会者の「時代感覚」の終焉を
意味しているように思えます。

新しい時代には、あたらしい問をもち、
いまだ出会えぬ問を発見する能力を持つ、新しい人材の登場が待たれます。

しかし、田原総一郎は、4月以降も、後輩に道を譲る気はなさそうです。
はやく、一コメンテーターになったほうがいいかと思います。
同じテレ朝の古館も、このままでは過去の遺産をくいつぶしてしまうでしょう。

そのくらい、報道ステーションの出来はひどい。

東京オリンピックのかすかな記憶ととともに、5歳でみた「ウルトラQ」とともに、
テレビを見続けてきたのですが、
テレビは、いよいよラジオ同様、メディアとしての賞味期限をすぎてしまった
ようにも思えます。

朝生テレビの司会者の交代を、
心より欲します。
(日曜日のほうは…仕方ないかなぁ)
スポンサーサイト

Comment


        

10 | 2017/11 | 12

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

manchi

Author:manchi
メディア、情報文化、マンガ、アニメーションなどの批評・研究などやっております小山昌宏です。著書『情報セキュリティの思想』(勁草書房)『宮崎駿マンガ論』『戦後「日本マンガ」論争史』(現代書館)など。

http://http://researchmap.jp/46462176/

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。