スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

KOKIA in 横浜(赤レンガ倉庫) 第81回

KOKIA in 横浜赤レンガ倉庫

セトリは以下のとおり(たぶん)


<第一部>

歌う人
次会う時は
愛と平和と音楽と
優しい調べ
クルマレテ

<第二部>

世界の終わりに
あたたかい場所
いつか誰かを愛した時
この地球がまるいお陰で

moment~今を生きる~
Remember the kiss

体調と場所にあわせて、
当日、もっとも響く歌を届けたいということで、

今日は、当日セトリが、大幅に変更されたそうです。

今日のライブは、
彼女が喉を痛めて歌えなくなった後の

復帰後、初のライブでした。
声は完全に復調していませんでした。

そのせいもあり、いつものように、その歌声に
心を完全に奪われてしまうというより

彼女の強いメッセージと想いが溢れだし
尋常ない広がりをもって心に響いてきました。

それは、人間・KOKIAの姿が垣間見得た
感動的な瞬間でした。


歌う人…歌うことへの強い想い

愛と平和と音楽と…歌い続けることの意味

優しい調べ~クルマレテ…歌の本質(愛)を知ること


世界の終わりに…大変な時代に、愛を見失わないで生きること

いつか誰かを愛したとき…繋がることへの深い信頼

この地球が丸いおかげで…生命をはぐくむ地球への感謝

moment…千の死(人間の罪)に、万の愛(寛宥)で生きる決意

そして
Remember the kiss…
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND17777/index.html

全員で大合唱…
KOKIAも泣いたが、観客(私)もみんな泣いた……


今思えば、この歌は
KOKIAさんの理想(生きる意味)が詰まった歌でした。

この歌にいたるまでには、今日は
すでに三重の物語がこめられていたに違いありません…

1 KOKIA(喉を痛めて歌えない)⇔聴視者(大丈夫だろうかと心配して来場する)

2 KOKIA(歌えることへの感謝:迷惑をかけたという想い)⇔聴視者(そのメッセージを受け止める)

3 KOKIA(愛と平和への想い)⇔聴視者(KOKIAとの「愛と福音」の再確認:結い)

いつも
3のプロセスだけでも感動が沸き起こるのに、

それに
1、2のプロセスが、つけ加わったのですから

それは、もうえらいことになったのでした…。
(ピアノの浦さんのバックアップが半端なかったです)


それにしても
この会場に満ち溢れる 愛 はいったいなんなんだろう…

そして、
そこに足を運びたくなる…感情は、いったい何処からくるのだろう

その応えは、そんなに難しいものではありませんでした…

私たちは、KOKIAさんの歌を…聴いて喜びを

そして

KOKIAさん自身も、自らが歌い、聴いてもらえることで
何度でも「歌う勇気」を得られているものと思われるのです

kokia1.jpg
スポンサーサイト

06 | 2011/07 | 08

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

manchi

Author:manchi
メディア、情報文化、マンガ、アニメーションなどの批評・研究などやっております小山昌宏です。著書『情報セキュリティの思想』(勁草書房)『宮崎駿マンガ論』『戦後「日本マンガ」論争史』(現代書館)など。

http://http://researchmap.jp/46462176/

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。