スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Salyuファンの真理と心理 第73回

昨日、
中野サンプラザで、Lily Chou-Chouのライブが催されました。

Lilyは、岩井俊二の映画のなかに存在したSalyu自身でありますが、
Lilyはすでに存在していない。

Salyuが歌うリリイと、私は思っていたのですが、

往年のLilyが、復活する期待感が、みごとにLilyファンを裏切りました。
Salyuが「Lily」を汚したとまで、痛烈に非難するファンも。

そして、
Lily、アルバム「landmark」までのsalyu、

今のsalyuに分別して、

その歌唱法の変化(声にオーラがあった→なくなった?)
ボイトレの可否(自然な歌唱→無理(人工的)な歌唱)
アイドル化への賛否をふまえて、

ファンの気持(想い)が、爆発しました。

Lilyファンとsalyuファンが、分離することは、悲しいことです。

私は、
声と歌は、生もの。
あの時代にしか、Lilyは存在していないと考えるのに賛成。

でもSalyuが、Lily時代の「精神性」(空気)を引き継ぐのは、無理と
おもっていましたので、今回のライブは、

saly Chou-Chou で、やるべきだった。
とライブ前にもブログ(MIXI)しました。

Lilyでもなくsalyuでもない、saly。

これで、このイベントは、なんとかうまくいくはずでした(苦笑)。


今回のライブは、一部かもしれませんが、
Lilyファンを傷つけ、salyuファンも傷つきました。

何よりも、チケットを入手できなかった
多数のファンを落胆させました。

しかし、
歌は生もの、人は生きもの、

salyuは、これからも変化してゆくでしょう。

本当にsalyuが好きなら、ファンは
暖かく見守って、応援し続けること…。

事務所も、
このような「看板」に依拠し、
ファンをがっかりさせる興行は、考えてほしいものです。

やるなら、saly Chou-Chouで!どうぞ。
(salyuの歌を楽しみ、Lilyの世界を追唱するライブ)

※かつて、岩崎宏美コミュでも、宏美さんの加齢による
ファルセットの多様について、賛否両論があり、

元ちとせコミュでも、体調の変化により、その裏声が、
不安定になることに、賛否両論がまきおこりました。


私は、生涯、salyuを応援してゆきます(つもりです)。
Lilyもsalyuも好きですから(微笑)。
スポンサーサイト

11 | 2010/12 | 01

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

manchi

Author:manchi
メディア、情報文化、マンガ、アニメーションなどの批評・研究などやっております小山昌宏です。著書『情報セキュリティの思想』(勁草書房)『宮崎駿マンガ論』『戦後「日本マンガ」論争史』(現代書館)など。

http://http://researchmap.jp/46462176/

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。